無添加って!?

そもそも無添加ってどういうこと?

無添加食品、無添加化粧品、無添加ラップ、など、           「無添加」とつくものはさまざまありますが、そもそも「無添加」とはいったいどういうことでしょうか?                      無添加=「なにも入っていない」ではありません。 「無添加」の正しい意味を知って、これからの製品選びの参考にされてください無添加とは、『とある添加物』が入っていないということです。

美容師として、特に気になる2つの『無添加』について詳しくご紹介します。

無添加石鹸(シャンプー)

無添加石鹸には、合成洗剤などを使用していない石鹸というだけでなく、使用されているオイルが食用レベルの石鹸などもあります。
合成界面活性剤不使用かつ化学合成の添加物を一切入れない完全無添加石鹸以外は、本当の“無添加石鹸” とは言えません。
昨今、無添加石鹸はかなり出回ってはいますが、単に『旧指定成分の無添加』だけの無添加の石鹸も多いのが実態。このあたりの成分表記には要チェックです。
※旧指定成分とは・・・
2001年3月まで表示が義務づけられていた指定成分のことで、石鹸・シャンプー・化粧品等に含まれる合成化学物質の中で、旧厚生省が指定したアレルギーや皮膚障害を起こす可能性の高い成分を「旧指定成分」と 呼んでいます。
現在は、旧指定成分だけの表記ではなく全成分表示になっています。

 

無添加化粧品                                                     2001年以前から薬事法で表示を義務付けられていた、アレルギーの危険性が認められた102種類の「化粧品表示指定成分」が入っていない化粧品のことを、一般的に無添加化粧品と呼んでいます。

合成界面活性剤、合成ポリマー、パラベン、紫外線吸収剤、 タール色素、 防腐剤、アルコール、グリセリンなどが入っていないものが無添加化粧品として売られているようです。
無添加と聞くと、ついつい添加物が一切入っていないものと思いがちですが、決してそうではありません。
無添加とは全ての添加物が一切入っていないという意味ではない事を理解して、ご自身に合うモノを選んで下さい!
                           MANA 今里

関連記事

  1. ゆとりを持って、ご予約をお願い致します。

  2. 寒くなって参りました。

  3. 気になるアイテム

  4. 乾燥の季節です!!

  5. 桜坂 MANAよりお知らせです!

  6. 追記です。